さくにっき:育児系ブログ

年子姉弟の観察記録です。

息子一歳十ヶ月、イヤイヤ期はじまる

タイトル通りです。とうとう始まりました本格的なイヤイヤ期。何を言っても「いやっだー」と返ってきます。
でもまだイヤイヤ期初期って感じでかわいいんですよ。
問題は3歳の娘で、イヤイヤ期まだ終わってないんだよおおお!こちらはイヤイヤ後期でかなりはっきり拒否してきます。なんでもかんでも拒否。あとは大泣き。恐怖のダブルイヤイヤプランです。娘よ早く卒業して…(´・ω・`)

イヤイヤ期に伴い、行動がちぐはぐになってきました。
「あっこ(抱っこ)」と呼ぶわりに、いざ抱っこしに行くと脇を締めて抵抗してきます。抱っこしても「抱っこー!」と泣き叫ぶ時も。
「にゅにゅ(牛乳)」を要求しますが飲みません。とかそういう感じ。うわー面倒くさー、とか言っちゃいけないかもしれないけど、ちょっと面倒。でもまだ上の子で経験しているので第二子は余裕があります。

息子さん、体が分厚くなりました。
少し前はのび太くんみたいな体型だったんですが、一気にジャイアンみたいなずんぐりむっくり型に。夫も体が大きいので、たぶん大きくなるだろうなー。
でもごはんはしょっちゅう残すのに、何を食べて大きくなってるんだろう?

息子は数を数えるのが上手です。数字を「にー、しー、ごー、ろく…」となぜか1と3を抜いて数えます。
二人同時にぐずった時、私が10秒交代で抱っこをするため覚えてしまったのでしょう。
いくつかはなんとなく読めるみたいです。「ごー」とか「きゅー」とか言ってるから何やってるのかな、と思ったら、私のスマホのパスワードを勝手に入力してロックかかってました。

息子語録
「はなな(バナナ)」なぜか濁点がとれた。
食べるときにバナナの皮を床に投げ捨てるが、うちはマリオカートではない。
「あっかー(赤)」「いどり(緑)」「きいよ(黄色)」「しよ(白)」
「あげ(唐揚げ)」
「こぉーく」「すっぷー」フォークとスプーンの区別はついていないみたい。
「行っこー」外に行きたがる。
「履く」靴、靴下を履きたい時。

息子一歳九ヶ月

息子の記録を残さないとどんどん時がすぎて成長していくー。


言葉は一歳半健診でも問題なしの太鼓判でした。最近は宇宙語が増えています。二語文は一回だけ出たけどその後音沙汰なし。「カー、だい(パトカーちょうだい)」だったかな。
最近やっと「かーしゃん」と言ってくれてご飯三杯はいけます。「とーしゃん」は言えてた。とーしゃん帰ってくるとテンションあがりダッシュで迎えに行く。かわいい。
「あんぱんぱん」アンパンマン。アニメを見たい時に要求。
「どーじょ」息子は聞き分けがよく、よく物を分け与えてくれる。かつあげされているとも言う。
「カー」パトカー。「ぎゅにゅ」牛乳。「みも」ミロ。「いっかーん」みかん。「ば・な・な」バナナを一文字ずつ区切って言う。
「さーしゃ」ミキサー車
「イヤ」をかわいい声で言うようになったが説得力がない。


聞き分けが大変良い。良すぎる。
「ご飯つくるから膝から降りて」と言うと降りてくれる。飲んでいるジュースちょうだい、と言うと分け与えてくれる。食べ物とかもけっこうくれる。
日中は一人でミニカーを動かしてる。娘と喧嘩して押し負け、たまに一人で静かに泣いている。


室内ジャングルジムを買ったんですけど、大活躍している。彼は一週間ほどで4段目にのぼり我々を驚愕させた。
なかなか外に出られない時もいい運動になっている。
反復運動が好きみたいで、公園に行ったらひたすら滑り台を滑ったり延々同じルートをたどっている。


彼は雰囲気をよく察知する。
娘がテンションあがっている時に一緒になってキャッキャしている。
娘が褒められているとき一緒にパチパチしてくれる。
娘が「イヤ!」ってなっていると彼もなんとなく拒否をはじめる。
おやつやジュースの準備を始めるとどこからともなくすっ飛んでくる。


食事はむらが多い。米を容赦なく残すことも多い。
魚が好き。海苔好き。牛乳好き。みかん好き。
なぜかいちごが嫌いで食べない。娘は大好きなので人のぶんまで食べたがって困る。
最近味噌汁を食べるようになった。野菜あまり食べないので助かる。

幼稚園を断られて別の幼稚園に行くことになった話

あんまり楽しい話ではないんですけれども、せっかくなので(?)記録に残しておこうかと思いました。

 

 

子供のスペック

第一子娘2歳。早生まれ。

家ではおしゃべりだが、外で家族以外の人に話しかけられると返事ができない。

気持ちの切り替えが苦手。「〇〇をしましょう」と声をかけられてから時間がかかる。先生からの指示が通っている感じがしない。

ダンス等、自分が好きじゃないものは参加しない。

こだわりが強い。食事の際のカトラリーやらメニューやら、着替えの時の服装やら、いちいちあれがいいこれは嫌だとはじまり、ないと大泣きする。落ち着くまで時間がかかる。

(最近はちょっと成長してできることも増えましたが、お断りされた当時のスペックです)

 

第二子息子1歳(付き添い)

直接関係はしませんが、彼も連れてプレに通っていました。

 

 

経緯

来年度幼稚園の年少になるので、近所のA幼稚園のプレに通っていました。

このプレ、今にして思えばけっこうペースが早くて、私がだいぶ手助けをしたり、ついていくのがやっとな感じでしたが、娘は早生まれなので「こんなものかなぁ」と思っていました。

今はまだ追いついていないけど、入園する頃にはもう少し楽になるかなーと。

そう思いながらこのA幼稚園に入園願書を出願。

近いし、下の子もいるので送り迎えが楽な方がいいと思ったのです。

園長先生から「少し不安要素はあるけれども…」みたいな声かけをされましたが、一応入園ということになりました。

 

が。

プレで母子分離が始まり。

娘が膝から離れなくなり、幼稚園に行き渋る事態となってきました。

一度「一緒にいてもらっていいですよ」と同伴の話をいただいたので、一緒にプレを受けていたのですが、それはどうもその回だけのつもりだったようです。いつまでも膝を許しているお母さんの方もどうなのかみたいなことをほんのり遠回しに言われました。

正直ええーと思いました。

少し前まで「幼稚園行くー」となってたのがこの頃には「幼稚園いや!」で家から出すのがまあまあ大変になりつつあったんです。ここで無理やり分離させて幼稚園嫌いになっちゃったら元も子もないじゃん。

 

 

そして、遠まわしにではありますがお断りの話をされました。

「娘さんが入園するのは難しいかもしれない」

「今後のプレの様子を見て判断するが、来年度もプレに来ていただくかも」

つまり年少からではなく年中から、というお話です。その場では娘に「頑張ろうね」などと言ってやりすごしましたが、後からどんどんしんどくなってきました。こんな気持ちでまだプレに通うのかー。

だいたい、入園選考試験をがっつりやっておいてなんでその時に落とさなかったんだ、という怒りも湧いてきました。決して安くない入園金を支払っているのです。入園選考も、面接だけじゃなく運動やダンス、クイズなどがっつりやりました。お受験なのかとこっちがびっくりするくらいでした。


例えば娘は名前を呼ばれても返事ができないのですが、プレでは返事をしなくてもさっさと進めてしまうんですね。ちょっとは促したり待ってくれてもいいじゃん。とかそういう些細なところから「みそっかすにされているなぁ」と感じてしまい、もう無理かもしれないなぁと。

何より娘もしんどそうで、本当にここでいいのかなぁと思うようになってきました。

 

もしかしたら娘だけじゃなく私の方にも原因があるのかもしれませんが、そのへんはよくわかりません。

別にここが悪い幼稚園だった、と言うつもりもなく、ただ発達遅めの娘には「合わなかった」んだろうなあと今なら思います。

 

 

各所相談

匿名掲示板にこそっと愚痴を書きました。

「2歳後半でできないことが多い。幼稚園からは入園遅らせることをすすめられている」

ついたレスが「2歳ならあるあるだと思う。幼稚園があってないのかもね」

それまで幼稚園があってない、ということに思い至らず、娘の発達がーという風に思い悩んでいました。

あのときの匿名さん本当にありがとう。たぶんここ見てないと思うけど、本当にいいきっかけになりました。



続いて夫に吐き出しました。

夫とは基本的になんでも言い合える仲ですが、やはり重大なことは言い出しにくかったです。

夫「精神的につらいか、肉体的につらいかを選ぶなら肉体的につらい方がましなのでは」

確かになぁ。

他の幼稚園を選択する場合、自転車の距離かバスになってしまいます。

娘は車酔いが激しいし、自転車となると下の子もいるし3人乗りもすぐに重量オーバーになりそうなでかい姉弟だし。とずっと悩んでいましたが、肉体的につらいほうがまだマシと聞いて確かにそうだと思いました。



続いてB幼稚園に電話してみました。

A幼稚園との比較対象として見学に行ったことがあります。規模も方針も全然違う感じですが自転車で通いやすい位置です。

 他の幼稚園で入園が難しいと言うことを話すと、とたんに声が曇りました。

「療育には行っているのか」「自治体に相談して幼稚園に通っても大丈夫と言われたら、またお電話ください」

けっこうショックでした。

そうか、そういう扱いになってしまうのか。

まあしかし自治体に相談してみないことには話が進まないので電話してみました。まるでおつかいクエストのようです。



自治体の相談窓口では大変親身になっていろいろ聞いてもらいました。

「娘さんの様子だと、おそらく幼稚園に通えると思う」

「しぶしぶ受け入れてくれるところより、快く受け入れてくれるところのほうが精神的に良い」

あとは日頃の癇癪やこだわりの強さについてもいろいろアドバイスをいただき大変助かりました。

相談の中で他の幼稚園の話になり、

「お住いの近くだと…C幼稚園とか?」

「B幼稚園ものびのび系なので馴染むかもしれませんね」

と提案していただきました。

が、C幼稚園。ノーマークでした。そこまで近くないし、道が悪く、狭くて交通量の多い道、そして結構な坂道の向こう側にあるのです。自転車だと怖すぎる。

でも敢えて相談員さんが言ったからには何かあるんだろうなぁと頭の片隅に残っていました。



そして再びB幼稚園に電話。

「もしついていけないようなら途中退園してもらうこともありえますが、それでもよければ」

と非常に消極的なお返事をいただき、これはもう面倒な子を入れたくないんだろうなぁ。途中退園させられたらまた今の状況になってしまうし。とげんなりしつつ、だめもとで職員さんが言っていたC幼稚園に電話しました。



結論から言うとC幼稚園では非常にあっさりと、快く受け入れてもらえました。

他の幼稚園で断られたことを伝えても「一度見学に来て詳しくお話を伺えれば〜」と非常に前向きなお返事。

その後見学、娘との面談を経て入園させてもらえることになりました。

A幼稚園で断られた子を受け入れていることが時々あるようで、そのようなことを言っていました。



これにて転園先も見つかり、ほっと一安心。

よかったー。

あのまま暗澹とした気持ちのままA幼稚園に行くより、心機一転で行けそうです。

その後A幼稚園に辞退の手続きをし、手続き終了となりました。

(入園料は返ってきたよ!よかった!)


と、とりあえずは安心していますが、C幼稚園でもうまく馴染めるかどうかは正直わかりません。

もしかしたら、うまくいかないかもしれません。



娘も現在は3歳になり、この当時できなかったことができるようになってきました。

挨拶やお絵かき、工作など。半年前のプレでやっていた内容が今になって対応できそうな感じです。

やっぱり娘にはA幼稚園の内容は早かったんだなぁ。しゃーない。

けどちょっとずつ伸びているので、のんびりやっていきたいです。



Babuuでも愚痴ったりして色々なアドバイスをいただいたり、本当にいろんなところから助けていただきました。

そしてやはり、自治体の職員さんのアドバイスが大変助けになりました。



娘さんの発達についてその後も相談させていただき、様子見となりましたがこれはまた別の話。

幼稚園でのびてくれればいいなぁ。




娘さんとぶつかる。

久しぶりにブログを書く。

最近はBabuuというマストドンの子育てコミュニティに入り浸っている。twitterに機能は似ているが結構ほのぼのしてて良いです。

 

 

さて本題。

上の娘さん(もうじき3歳)の主張が激しいのでぶつかってしまう事があり、私も意固地になり、娘は泣き膠着状態…というパターンが多い。

先日「歯磨き粉もっとつけて!」「もうついてる!」と言い合いになった時、夫が「つけりゃいいじゃん」と言った。なんでや!と思ってたら「つけるふりをすればいい」との助言。

試しに手元を隠してやってみたら満足したのか大人しく歯磨きが進んだ。

搦め手対応で丸く収まり、目から鱗だった。そうかー。そんなに意固地にならずともこんな解決方法があるのね。とその時は思った。

 

だが、なんで意固地になってたかというと「あなたの要求は不当である」という気持ちを伝えないといけない、という気分になってしまうからだ。

今回は搦め手でうまくいったが、歯磨き粉盛り盛り〜を許容していると思われるのも嫌なのだ。私はちょびっとつけてほしい。吸わないでほしい。

娘に歯磨き粉を渡すとアクアフレッシュのcmみたいに盛られるのが地味にストレスである。ほんとやめてほしい。

 

ところで「歯磨き粉 量」で調べたらサイトによってちょびっとから盛り盛りまで書いてあることが全然違った。

何が正しいのかわからなくなった。そもそも娘と言い合いになる必要すらなかったかもしれない。自分が正しいと思っていた価値観は実は全然違うかもしれないし、子供を躾けているつもりが、そうじゃないのかもしれない。

最近の息子さん(一歳五ヶ月)

最近の息子は ちょっと違う

最近の息子は よく歩く

最近の息子は ちょっと聞かん坊

最近の息子は 少しおしゃべり

(忌野清志郎 パパの歌改変)

 

 

息子さんはよく歩きます。

最近は車が来たら道端に寄って静止することを覚えたようです。しかし後ろ向きに道端へ寄って行ったり、車が通り過ぎた後に道路の真ん中へ向かっていくのは変わらず。相変わらずなんか危なっかしい。

対向車のすれ違いが発生しているのに、わざわざ道路の狭くなっているところで静止したり…まだ状況が見えていないのはしょうがないけど誘導が大変です。

 

意思表示がはっきりしてきました。

支援センターの終わりの時に、おもちゃを片付けられてガチギレ。大暴れ。

「息子くんこんな子だったっけ…」と職員さんも引くほど(w)でした。

イヤイヤ期の片鱗が見えてきたかなって感じです。原因のよくわからない怒り方をしていたりします。

オムツ替えの気配を察知すると逃げ回るようになりました。

服の好みもなんとなく出てきて、電車の靴下とか喜びます。ただ娘も所有権を主張してくるので喧嘩になります。まだまだ勝てませんが、ちょっと手が出るようになってきたので少なくともやられっぱなしではなくなってきました。

麺類が好き。お魚も好き。お米は日によるけどあまり食べないことが多い。野菜を食べない…。

 

言葉もよく覚えてきていますが、断片が多いので読み解くのに苦労します。

「ま(車)」「か(すいか)」「こぉーきー(飛行機)」「めめ(桃)」「かー(パトカー)」「か(柿)」「かーぃ(おかわり)」「こあっく(トラック)」「こぉーく(フォーク)」

「なにー(これ何)」と質問してくることも増えました。

 

「〇〇する人ー?」と聞くと元気よく返事してくれます。

「風呂入る人ー?」「あーい!」

風呂に入りたがらない時もあるのですが、返事はとてもいいです。

 

知らぬ間に傷が出来ていたりすることが少々。

本人の不注意、というよりも娘がぶつかったり噛み付いたりしたのかもなー、というのがちょいちょいあります…。兄弟げんかの仲裁の仕方が難しい。

 

わりと元気なので、あとは怪我をしないように生きていけたらいいと思います。

 

言いまつがい(娘編)

言葉が上手になってきた二歳娘の言いまつがい。

 

「ペス」

ボールを投げる時に言います。

「おかあさんペス!」

超絶かわいくて聞くたびに笑ってしまうんですが、どこで覚えたんだろう?

いつまでもこのままでいてほしいんですが、そういうわけにもいかんので、投げ返すときに「パス!」とさりげなく訂正しています。でも定着率は半々ぐらい。

 

「みずこっぽう」

水鉄砲。何故か発音できない。

「電車」は言えるし「で」が言えないわけじゃないと思うんですが不思議ー。

 

「かまぼこーお」

「かまぼこーお食べたい」と言われました。が、かまぼこを能動的に食べさせたことはありません。(うどんに入ってたことはあると思います)

かまぼこ…??としばらくハテナマークが頭の中を回っていましたが、正解は「たまごボーロ」でした。濁点が続いてて聞き取りにくい言葉ではあるよね。

 

「おかし」

ご飯を食べている最中に「おかしちょうだい」と言われますがこれはおかしのことではありません。「お箸」なのです。まぎらわしい!

本当にお菓子が食べたいときは「おやつ食べたい」「甘いもの」と使い分けをしているようです。

 

「ボクもー」

これは言いまつがいではないんですが。

息子の行動に「ボクもお菓子食べたいなぁー」などとアテレコしていたら、娘も自分のことをボクと言うようになってしまいました。齢二歳にしてボクっ娘…。これからは意識して「ワタシもー」と言うようにしていきたい次第ですがそうすると息子が影響を受けるのか?どうなのか?難しいなあ。

女の子だから「ワタシ」だよ、みたいにはあまりしたくないけど、やっぱりある程度は必要なのかなと悩ましいです。

 

 

最近はYouTubeで気に入った歌を口ずさむようになりました。

特に「はたらくくるま」が好きみたいです。

「いろんなーおしごとー あるんーだーな↑ー♪」

いつも「なー♪」の音程がどっかに飛んでいきますがそれも含めてかわいいです。

乗り物大好き姉弟

息子は乗り物大好きです。

家の中では四六時中ミニカーで遊んでいますし、写真図鑑をひたすら指差して車の名前を覚えるのに余念がありません。

外に出ると道行く大型車に見とれて立ち尽くし、下手をすると向かっていこうとします!特にトラックが好きなようで「こぅくぅー」と舌ったらずに言いながら指差してます。

 

 

で。それに影響されたのか娘も乗り物好きなようです。

息子がミニカーで遊んでいると奪い取りに行きますし、車図鑑を見ていると奪い取りに行きます。

う、奪い取りたいだけじゃんーー!

息子が車で遊んでいないときはそこまで積極的ではないので、遊んでいるのが羨ましくなっているだけかも。

でも一緒に乗り物系の動画もたくさん見ていますし、車の名前をたくさん覚えてきているので、きっかけは何であれ好きになる素養はあるのかもしれないですね。

 

最近のお気に入りは新幹線の柄の靴下です。

足が大きくなってきた息子用に買ったのですが…娘が履きたがり、三足セット中の二足が娘の物(本人主張)となってしまいました。

かわりに娘用に買ったピンク色のミニオン柄靴下を息子にくれました。

まあ…ギリギリ男子でも履けなくはない…かもしれない…。

取り合い、というより略奪が発生しているので、同じ物を好きになるのも良し悪しだなあー。でも代替の靴下をくれるだけ融通してくれているとは思います。