さくにっき:育児系ブログ

年子姉弟の観察記録です。

娘さんとぶつかる。

久しぶりにブログを書く。

最近はBabuuというマストドンの子育てコミュニティに入り浸っている。twitterに機能は似ているが結構ほのぼのしてて良いです。

 

 

さて本題。

上の娘さん(もうじき3歳)の主張が激しいのでぶつかってしまう事があり、私も意固地になり、娘は泣き膠着状態…というパターンが多い。

先日「歯磨き粉もっとつけて!」「もうついてる!」と言い合いになった時、夫が「つけりゃいいじゃん」と言った。なんでや!と思ってたら「つけるふりをすればいい」との助言。

試しに手元を隠してやってみたら満足したのか大人しく歯磨きが進んだ。

搦め手対応で丸く収まり、目から鱗だった。そうかー。そんなに意固地にならずともこんな解決方法があるのね。とその時は思った。

 

だが、なんで意固地になってたかというと「あなたの要求は不当である」という気持ちを伝えないといけない、という気分になってしまうからだ。

今回は搦め手でうまくいったが、歯磨き粉盛り盛り〜を許容していると思われるのも嫌なのだ。私はちょびっとつけてほしい。吸わないでほしい。

娘に歯磨き粉を渡すとアクアフレッシュのcmみたいに盛られるのが地味にストレスである。ほんとやめてほしい。

 

ところで「歯磨き粉 量」で調べたらサイトによってちょびっとから盛り盛りまで書いてあることが全然違った。

何が正しいのかわからなくなった。そもそも娘と言い合いになる必要すらなかったかもしれない。自分が正しいと思っていた価値観は実は全然違うかもしれないし、子供を躾けているつもりが、そうじゃないのかもしれない。

最近の息子さん(一歳五ヶ月)

最近の息子は ちょっと違う

最近の息子は よく歩く

最近の息子は ちょっと聞かん坊

最近の息子は 少しおしゃべり

(忌野清志郎 パパの歌改変)

 

 

息子さんはよく歩きます。

最近は車が来たら道端に寄って静止することを覚えたようです。しかし後ろ向きに道端へ寄って行ったり、車が通り過ぎた後に道路の真ん中へ向かっていくのは変わらず。相変わらずなんか危なっかしい。

対向車のすれ違いが発生しているのに、わざわざ道路の狭くなっているところで静止したり…まだ状況が見えていないのはしょうがないけど誘導が大変です。

 

意思表示がはっきりしてきました。

支援センターの終わりの時に、おもちゃを片付けられてガチギレ。大暴れ。

「息子くんこんな子だったっけ…」と職員さんも引くほど(w)でした。

イヤイヤ期の片鱗が見えてきたかなって感じです。原因のよくわからない怒り方をしていたりします。

オムツ替えの気配を察知すると逃げ回るようになりました。

服の好みもなんとなく出てきて、電車の靴下とか喜びます。ただ娘も所有権を主張してくるので喧嘩になります。まだまだ勝てませんが、ちょっと手が出るようになってきたので少なくともやられっぱなしではなくなってきました。

麺類が好き。お魚も好き。お米は日によるけどあまり食べないことが多い。野菜を食べない…。

 

言葉もよく覚えてきていますが、断片が多いので読み解くのに苦労します。

「ま(車)」「か(すいか)」「こぉーきー(飛行機)」「めめ(桃)」「かー(パトカー)」「か(柿)」「かーぃ(おかわり)」「こあっく(トラック)」「こぉーく(フォーク)」

「なにー(これ何)」と質問してくることも増えました。

 

「〇〇する人ー?」と聞くと元気よく返事してくれます。

「風呂入る人ー?」「あーい!」

風呂に入りたがらない時もあるのですが、返事はとてもいいです。

 

知らぬ間に傷が出来ていたりすることが少々。

本人の不注意、というよりも娘がぶつかったり噛み付いたりしたのかもなー、というのがちょいちょいあります…。兄弟げんかの仲裁の仕方が難しい。

 

わりと元気なので、あとは怪我をしないように生きていけたらいいと思います。

 

言いまつがい(娘編)

言葉が上手になってきた二歳娘の言いまつがい。

 

「ペス」

ボールを投げる時に言います。

「おかあさんペス!」

超絶かわいくて聞くたびに笑ってしまうんですが、どこで覚えたんだろう?

いつまでもこのままでいてほしいんですが、そういうわけにもいかんので、投げ返すときに「パス!」とさりげなく訂正しています。でも定着率は半々ぐらい。

 

「みずこっぽう」

水鉄砲。何故か発音できない。

「電車」は言えるし「で」が言えないわけじゃないと思うんですが不思議ー。

 

「かまぼこーお」

「かまぼこーお食べたい」と言われました。が、かまぼこを能動的に食べさせたことはありません。(うどんに入ってたことはあると思います)

かまぼこ…??としばらくハテナマークが頭の中を回っていましたが、正解は「たまごボーロ」でした。濁点が続いてて聞き取りにくい言葉ではあるよね。

 

「おかし」

ご飯を食べている最中に「おかしちょうだい」と言われますがこれはおかしのことではありません。「お箸」なのです。まぎらわしい!

本当にお菓子が食べたいときは「おやつ食べたい」「甘いもの」と使い分けをしているようです。

 

「ボクもー」

これは言いまつがいではないんですが。

息子の行動に「ボクもお菓子食べたいなぁー」などとアテレコしていたら、娘も自分のことをボクと言うようになってしまいました。齢二歳にしてボクっ娘…。これからは意識して「ワタシもー」と言うようにしていきたい次第ですがそうすると息子が影響を受けるのか?どうなのか?難しいなあ。

女の子だから「ワタシ」だよ、みたいにはあまりしたくないけど、やっぱりある程度は必要なのかなと悩ましいです。

 

 

最近はYouTubeで気に入った歌を口ずさむようになりました。

特に「はたらくくるま」が好きみたいです。

「いろんなーおしごとー あるんーだーな↑ー♪」

いつも「なー♪」の音程がどっかに飛んでいきますがそれも含めてかわいいです。

乗り物大好き姉弟

息子は乗り物大好きです。

家の中では四六時中ミニカーで遊んでいますし、写真図鑑をひたすら指差して車の名前を覚えるのに余念がありません。

外に出ると道行く大型車に見とれて立ち尽くし、下手をすると向かっていこうとします!特にトラックが好きなようで「こぅくぅー」と舌ったらずに言いながら指差してます。

 

 

で。それに影響されたのか娘も乗り物好きなようです。

息子がミニカーで遊んでいると奪い取りに行きますし、車図鑑を見ていると奪い取りに行きます。

う、奪い取りたいだけじゃんーー!

息子が車で遊んでいないときはそこまで積極的ではないので、遊んでいるのが羨ましくなっているだけかも。

でも一緒に乗り物系の動画もたくさん見ていますし、車の名前をたくさん覚えてきているので、きっかけは何であれ好きになる素養はあるのかもしれないですね。

 

最近のお気に入りは新幹線の柄の靴下です。

足が大きくなってきた息子用に買ったのですが…娘が履きたがり、三足セット中の二足が娘の物(本人主張)となってしまいました。

かわりに娘用に買ったピンク色のミニオン柄靴下を息子にくれました。

まあ…ギリギリ男子でも履けなくはない…かもしれない…。

取り合い、というより略奪が発生しているので、同じ物を好きになるのも良し悪しだなあー。でも代替の靴下をくれるだけ融通してくれているとは思います。

まだ二歳、まだ二歳

ここのところずっと悩んでいることがあるんですが。

娘の困った態度にどう接したらいいか、私はもしかしたら厳しすぎるというか素っ気なく突き放しすぎなのかもしれないとあれこれ考えていたりします。

よく考えたらまだ二歳なんですよね。下に弟がいるからどうしても大きく見えるし話が通じるように見えちゃうけど。

 

 

以前は支援センターまで二人乗りベビーカーで通っていたのですが、息子が歩きたがるようになり、ベビーカーをやめて抱っこ紐ひとつを予備で身につけてみんなで歩いていくことも増えてきました。

「ベビーカーのらない!あるく!」って娘が言うんですよ。

で、行きは完歩してやったぜ!ってなるんですけど帰りは大体ぐずり出して「抱っこー(泣)」となるわけです。歩くって言ったじゃんかよ!

しかたなく娘を抱っこするわけですが、下の息子が野放しになるわけです。彼は大型車が大好きなので車をガン見する性質があり、交通ルールも危険性もまだわかっていません。抱っこしたままこれを誘導するのがまた疲れます。

そしてやはり上の娘を抱っこしている姿は目立つのか、「あらあらおねえちゃんが抱っこされてるのねw」と通りすがりのおばちゃんに毎回声をかけられます。しかも違う人。ちょっと恥ずかしいです。

そしてこの方法には致命的な弱点があり、一人までならカバーできるのですが二人とも歩く気をなくすとどうにもなりません。今まではたまたま運良く息子が歩いてくれましたが、どうにもならない日もついに出てきて、なだめたり、順番に抱っこしたり脅迫したりして力技でなんとか帰宅しました。

 

こんな時、娘には思うことがあるんですよね。

おねえさんだから、なんとか歩いてくれんかなって。

歩くって言ったんだから歩いてよ!って。

 

息子はまだ一歳だし、そこまで歩くことを期待しているわけではない(むしろ抱っこ紐は息子を抱っこすることを想定していた)ので、やはり娘に対する期待値が高いのかもしれません。

 

で、冒頭の話。「まだ二歳」なのです。

自分で言ったことができなくても普通。なのだと思います。

「みかん食べたい」とか「パン食べたい」と言われて出したら全く食べなくてイライラしちゃうこともありますけど。

来年幼稚園だし、プレの子と比較しちゃうと未熟な部分もあり、もうちょっと頑張れって言いたくなってしまうんですが、私がせかしてもいいことないなと思ったのでせかしたり比べたりするのはやめにしたいなと。

早生まれだもんしょうがねーよ!(開き直り)

普通ってなんだ

風邪の諸症状で姉弟そろって撃沈していました。

二人ともギャンギャンよくわからないポイントで泣き叫び、私の精神がアレでしたが、今日は娘の機嫌がだいぶ良かったので体の調子もまあまあ良くなってきたのでしょう。よかったね。

 

 

全然深刻な話じゃないんですけど、最近娘が「ふつうの〇〇」という指定をしてきます。

娘「普通のスプーンちょうだい!」

私「どれだよ…これ?」

と、何の変哲もなさそうなティースプーンを差し出します。

娘「それじゃない!」

と紆余曲折があったあげくたどり着いたのは、粉ミルクをすくうプラスチックスプーン。

娘「これ!ふつうのスプーン」

わかるか!!

なんでかわかりませんがこれでご飯を食べるのがマイブームなようです。

 

 

他にも「ふつうのにゃんにゃん(猫のぬいぐるみ)」と指定してくるんですけど、うちにはぬいぐるみいっぱいあって、猫のぬいぐるみもそれなりにあるんですよね。どれだよ…。これは未だにわかりません。

 

「ふつう」ってどういう意味で使っているんだろうね。

娘はきっと雰囲気で言葉を使っているのだ。

 

やっていいこと、いけないこと

常々思っていますが、自分の子供達に「やっていいこと、いけないこと」を決めるのは難しいです。

例えば、危ないことや人に危害を加えるようなことはやってはいけない、と大体の大人は教えると思います。

ですが、「まぁーそれくらいならいいけど……」「いや、それはどうなの……」となんとも判断つき難い微妙なラインをやってくることが多く、その線引きをどこでするか?叱ったとして、泣かせてまで教えることだったか?これぐらい自由にやらせてもよかったか?常に反省点があります。

 

 

一歳の息子はまだ危険度が0か100みたいなことが多いので判断基準としてはそこまで問題にはなりません。上の子の経験もありますし。

問題は二歳後半の娘。

 

先日。油を入れていた容器の使い心地がよくなかったので、子供のおもちゃにしようと洗って渡したところ、いやに気に入ってしまい「これでお茶を飲みたい」と言い出しました。

えぇー。それ油入ってたやつだし……。洗ったけど。けどー。

渋ってたら自分のコップから勝手にお茶を移し替え、そして「ストローちょうだい!!」「いやだ」の押し問答。泣く娘。

後から考えると、そこまで拒否することでもなかったのかなあ。でも油差しだしなあ。私としてはせいぜい風呂場で水鉄砲代わりに使ってくれればいいかな、ぐらいのつもりで渡したのに口にするとは思わないもの。うーんうーん。

 

 

他にも「洗面所のハンドソープで頭を洗う」とか「コップの水をぶくぶくする」とか「ご飯と飲み物を混ぜる」とか枚挙に暇がありません。

べつにいいんだけどさー。それぐらいなら創意工夫した遊びの範疇なのかなあ。

びしっと躾けて「やってはいけないこと」として覚えさせたほうがいいのかなあ。

後片付けまで自分でやってくれれば言うことはないんだけどなあ。

色々ありますがそんな感じ。